バンドの解散とか脱退とかで、この世の終わりのように嘆いている人は幸せだ。

適当に働いて、ゆるくアーティストを追っかけ、仲間うちで盛り上がり、なにかにつけ2chの文体でメールやブログを書いているような、酸味の利いた連中を、これからも小馬鹿にして生きていこうと思います。