金曜の記録

10時起床

11時ごろ、ダッシュでカバンに荷物を詰めて出発。

12時半の「のぞみ」で大阪へ。 車内で虹ヶ原 ホログラフを読む。

15時ごろ到着

荷物を置いて2階のカフェで昼食。ドライカレーとカフェラテ。

もどるとこだまさんがリハ中。この時点で痺れる演奏。

どう考えても持ってきたCDとレコードじゃ足りない事を悟り、スタッフさんの自転車を借りて梅田のタワレコへ。

戻るとこだまさんのリハ終了。いそいでDJのセッティングと選曲。実はこの時点まで一切ノープラン。

こだまさんに挨拶しにいったら、みんないなかった。そのまま開場。DJセット75分。後で選曲が良かったといってくれた人がちらほらいてとても嬉しかった。選曲はダブに歌ものも混ぜてみた。

KODAMA AND THE DUB STATION BAND live。お客さんの入りもいい塩梅。この日はゴッドファーザーのテーマでスタート。ソロだと内へ内へとこもっていくこだまさんだけど、やっほー!バンドなどのダブの若手と絡む事によって、緊張感と高揚と、ダブ特有の精神世界の入り混じった素晴らしいライブ。噂では代官山UNITのライブはもっと凄かったとか。

ライブ中に物販でキャップ購入。その際にお客さんやこだまさんのスタッフさんと談話。共通の知人がいて驚き。

ライブ終了後DJ。空中キャンプ初回版が割れてて使いものにならなくなってた。ショック、だがまた買えばいいかと、思う自分。立ち直りは早い。

23時終了。その後、こだまさんの楽屋に行くとやっぱりいない。残念、エゾロックでまた見たい。

梅田の居酒屋で飲んで、梅田の漫画喫茶で4時間ほど仮眠してから、朝7時に実家へ帰宅。