パリ症候群

不親切なパリジャンや薄汚れた通りなど、さまざまな現実を目することで旅行前の期待が裏切られたように感じ、精神的なバランスを崩すことが原因だとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061023-00000173-reu-ent

犬の糞だらけの歩道の脇にびっしり縦列駐車された一人乗りのメルセデスの小型車の不釣合いな感覚、小便臭いメトロのホーム、下を見れば底無しの格差社会全開の人間模様、今から8年ぐらい前、最後に訪れたパリはこんな感じだったけど、それでも初めて行った時から何とも思わなかったなぁ。割とフランス映画とかいっぱい見てたせいかもしれないけど。フランス語が話せたせいもあって、パリジャンに不親切さは感じた事はそんなに無いなぁ、差別的なニュアンスで小馬鹿にされた事は少しあったけど。

いずれにせよ、この世に夢の都なんてものは無い、歌舞伎町みたいな所なら世界中にあるけど。